息子の病気 ~幼稚園にいきたくない~

息子は前向きで 人見知りをしない元気な子です。
なので、よく誤解をうけるのですが、新しい環境には凄く弱い彼です。

今彼は 幼稚園にいきたくない病になっています。
2歳の幼児教室から 毎年、4月5月にはこの病気にかかっていました。
去年までの私はかなり余裕をもって 大丈夫だよ、大丈夫だよ と笑って送り出す事ができていたのですが、今年はちょっと違います。

クラス発表の日、新しいクラスに彼と気が合う子があまりいないのかも‥と不安がよぎったのです。
まぁ、でも新しい友達をつくる良い機会です。彼の新しい面がでてくるかも‥と前向きにとらえました。
最近 彼はまだクラスになじめないようで、行きたくない 行きたくないとつぶやく日々です。
お弁当の時に 一緒に食べる子(男の子)がいないので、いつも女の子と食べているといってるのです。
お弁当は自由席なのですが、どうやら このテーブルは満席だから 他にいってといつも断られるらしい。(子供の事だから いつもではないだろうな と先生に確認すると‥)
先生いわく 確かにそうで、息子は女の子と食べるのが好きだと思ってました と言われてしまいました。
えー!! 先生 本当にそう思ってたの? 息子の事を知っている人には きっとかなりビックリな発言です。
先生って もっと園児の事 みているかと思ったよ。ちょっと 不信感。

そんな中、ついに今日は 幼稚園中の人にわかってしまう程の大騒ぎをおこしました。
幼稚園について1時間30分以上、息子が泣いて嫌がって登園拒否をしていました。
何とか登園できたのは 前のクラスの大好きなお友達R君が来てくれて 一緒に行こう 一緒に遊ぼうと誘ってくれたからです。ありがとうね。R君
でも 息子はその後 私がずっと幼稚園にいる事を泣いて希望していました。先生もどうぞ と言ってくれたので、一日中息子のクラスにいました。
おかげで いろんな事を 少しだけ見る事ができました。
先生の事、クラスの雰囲気。それぞれのお子さんの感じ。
息子は特に嫌われているようではない様です。ただ、特定の仲のいい子がいないのです。

つらい一日でしたが、いろいろ光は見えてきました。
息子が泣いて嫌がるので、その理由にかなり納得の私も途中何度ももらい泣きしちゃいました。そんな私に帰りに いろんな人から 優しいメッセージをいただきました。
そこでまた ひと泣き。みんな優しい人で本当にうれしかったです。
息子もそんなお母さん達のお子さんに囲まれているのだから この試練乗り越えて欲しいな。
園長先生も奥様もいろいろ息子にフォローをしてくださって、息子は今日は沢山甘える事ができました。先生 ありがとうございました。
K先生 大変だとは思いますが、よろしくおねがいします。 そして、 本当にしっかりお願いしますよ。
ここでいうなって?

今回の登園拒否は もともとの息子の新しい環境への対応の下手さもあったかもしれないけれど、もしも先生がもっと早い段階で気づいてみんなに声かけしてくれてたら‥と思うのです。(私は勝手な親かな‥?でも 相談したお友達はみんな賛同してくれたよね)
クラスの人気者にしてくれとか 思いません。最後の幼稚園生活です。ただ笑って通ってほしいなぁ。楽しい思い出たくさん作って欲しいな と思うだけなのです。
幼稚園のお手伝いをいろいろ引き受けたのは 実はこうなる事を予感していて、幼稚園にいって息子の様子を確認したい と思ったからなのです。


いろいろ書いちゃった。これって幼稚園の人も読むんかなぁ。
まぁ、どうせ 今朝の大騒ぎで知れ渡ってしまったし‥。
書いて私も気持ちの整理ができたし、いいかな。昨日は転園まで考えたけれど(大げさ?) 頑張れそう。
[PR]

by blue_spica | 2007-06-14 18:24 | 家族