ジュマンジみたいな毎日

最近 小学1年の娘がクラスに特定のお友達がいないと少し悩んでいる様子。
e0118962_956501.jpg
それを聞いた私はかなり慌ててしまいました。
近所の同じクラスのお母さんに電話したり、妹に相談にのってもらったり。。
ちょうど昨日は授業参観。どんな感じなんだろうと学校にいってみたら、本人が言うほど一人ではありません。
確かに、クラスの人気者というわけではないけれど、クラスに馴染んでいるようにも見えました。
ただ、ボーっとしてたり行動がとても遅いので、いつもいつも最後になって、その辺がしっかりしている女の子達の中にいると浮いて見えます。
他の子が片付けて遊びはじめているのに、まだ片付けていたりして、遊ぶキッカケがなくなってしまうのかな。

でも それ程気にしなくてもいいのかな(いやいや、もっとテキパキしなくちゃいけない!!)と思って ちょっと安心して学校を後にしました。

でも昨日 娘は帰宅したら
”隣の席の子の顔をエンピツでついちゃったの どうしよう”

”どうして? なんでそうしたのかな?”  私は内心ドキドキ

”消しゴムをとられたと思っちゃったの”  娘の勘違いの様

すぐに 相手の子の家に電話して、親子で謝りました。
夕方には 子供と一緒にお家に言って直接謝りに行きました。幸い相手の子に傷はなかったのが救いです。

でも、カッとなったからって 手を出すのは駄目です。
どんな時も、まず言葉で思いを伝えなければいけない それを言ってきたつもりでした。
でもまだ出来てない様です。私自身の行動を振り返りました。

私の話方、行動 すべてを気をつけないと 子供はきっと私の鏡なんですよね。

ひとつ悩みがあってそれが何とかなりそう と言う時に次の事がおきてます。
あー ジュマンジの世界だわ。早くゴールしたーい。
でも 自分の力であがるしかないのよね > ロビン・ウィリアムズさん

と、庭のパンジーをみつめて思いました。
今日は豆まいて鬼を外にだしちゃおう。明日からhappy 続きになるように!
[PR]

by blue_spica | 2006-02-03 09:55 | 家族